今日は、より良い結果を得るために
すべきこと、についてお伝えします。
何か結果が出るっていうのは、
自分が行動したからですよね。
行動した結果、
何かしらが起こるんです。
じゃあ、その結果を良いものに
したいなら、行動をより良いものに
していかなければなりません。
それなら、行動を良くするためには
何をしたらいいでしょうか。
行動、つまりアウトプットを
よくするには、まずインプットを
良くしなければなりませんね。
何をインプットするかで
何がアウトプットされるかが決まり、
何がアウトプットされるかで、
得られる結果が変わります。
要は、いい結果を得たいなら、
まずいいものをインプットしていなかいと
いけないってことですね。
で、注意しなければいけないのが、
何をインプットするかは自分で選べない、
っていうところです。
この脳みそは、見ること、聞くこと、
触れるもの、全部インプットします。
「変なもの見ちゃったけど気にしない」
と言うことはできますけど、
それで脳に何も残っていない
わけではないんですね。
脳に残っていて、
それがアウトプットのときに
自然と出てきてしまうんです。
それによって結果も悪くなる。
これでは悪循環です。
だから、はじめから悪い影響がありそうなもの、
そういうのは避けてくださいね。
いいものだけを摂るようにしてください。
いい食べ物を摂れば健康になります。
体が健康ならいろんなことができます。
同じように、この脳に入れる情報も、
いいものを入れていったら
いいアウトプットができる様になります。
いいアウトプットができれば、
それを誰かがインプットして、
その人がアウトプットするものも、
良くなる。
好循環、イェー。
現代は、食べ物は日本のどこで何を買って
食べても平気な世の中になりましたが、
情報は、もう、完全に無秩序。
散乱しています。
道端の水道水を飲んだら大変な目に遭った。
ネットではそんなことが日常茶飯事です。
情報社会が拓けてから間もないので、
原始時代なんですね。今は。
良く言えば草創期なんですが。
何を自分にインプットするか、
本当に気をつけてくださいね。